ブログランキングに参加してます。皆様の応援が情報発信の励みになります(^^)

FX・サラリーマン投資家ランキング

ダウ理論とは?

結論から言いますと、FXでダウ理論を使うと勝率が上がります!

以下の6つの基本法則が提唱されています。

  • 平均株価はすべてを織り込む
  • トレンドは3種類
  • 主要トレンドは3段階
  • トレンドは出来高でも確認されなければならない
  • トレンドは明確な転換シグナルが現れるまで継続する
  • 終値を重視する

なんだか難しいですね・・・

けど、FXでは大きく2つを意識すればよいと思ってます

 

FXでダウ理論を使う①

まず1つ目はトレンドが発生しているかどうかの判断です。

ダウ理論では

「トレンドは明確な転換シグナルが現れるまで継続する」

とあります。

つまり

アップトレンドの定義

直近安値が切りあがって、直近高値も切りあがったら上昇トレンドが確定する

ダウントレンドの定義

直近高値が切り下がって、直近安値も切り下がったら、下落トレンドが確定する

という風に判断します。

 

上昇トレンドか下降トレンドをなんとなくではなく、

ちゃんと定義して同じようにとらえる事が出来るようになります。

 

これがわかってどうするかというと、

トレンドが発生してる時に、そのトレンド方向にエントリーする事で勝率を上げる事が出来ます。

 

どうやって高値・安値のラインを引くか?

どこを高値・安値としてラインを引くかによって当然認識が変わってきます。

ただ、これはトレーダー毎で違ってくるところだと思います。

 

肝心な事は

いつも同じ基準でラインを引く!

これがとても重要です。

 

同じ基準で引くコツとしては、

1つは、チャートの画面サイズをいつも同じにしておく事です。

画面サイズを変えてしまうと、見えている足の数も変わり

とらえ方も変わってしまいます。

 

私は行ってる方法は、ZigZagというインジケーターを使う方法です。

このインジケーターは、高値・安値を判断してラインを引いてくれます!!

とっても便利ですね。

 

安値・高値の切りあがり・切り下がりの確認が面倒だ!

毎回、高値・安値の切りあがり・切り下がりを確認するが私は面倒ですw

システムエンジニアは基本、面倒くさがりだと思うんですよね^^;

 

って事で、今、ダウ理論のアップトレンド・ダウントレンドが成立してるかどうかを

表示するインジケーターを作りました。

その名も「SE_DAU」!

表示されるのは、こんな感じです↓

すみません、たったコレだけです^^;

ココだけ見れば良くなりますので、判断が早くなると思います。

表示内容は

×:ダウ理論不成立

上:アップトレンド(1つ前の終値が、1つ前の高値より下。安値よりは上)

上+:アップトレンド(1つ前の終値が、1つ前の高値より上)

下:ダウントレンド(1つ前の終値が、1つ前の安値より上。高値よりは下)

下+:ダウントレンド(1つ前の終値が、1つ前の安値より下)

※現状は1つ前までを見て判断してます。

設定できる内容は以下のようになってます。

「Zig〇〇」の項目は、ZigZagの設定内容になります。

TimeF:どの時間足か?(0が表示してる時間足)

DispX:表示位置X

DispY:表示位置Y

 

時間足も設定できるようにしてるので、

大きな時間でトレンドが発生しているかにも使えます!

 

このインジケーター無料で公開しようと思いますので、

公開した際はまたご連絡致します。

 

使いたい人いるかな・・・

 

↓追記:MT4ダウ理論インジケーターを無料配布する事にしたので、よかったらどうそ!

 

ブログランキングに参加してます。皆様の応援が情報発信の励みになります(^^)

FX・サラリーマン投資家ランキング