前回、FXチャートを画像として保存するためのボタンを設置するインジケーターを作成しました。

今回は、定期的にFXチャート画像を記録するインジケーターになります。

過去検証を行ってると、チャートの右側が見えてる影響で正しく過去検証できない時ないですか?
右側の足がない状態で過去検証したい!

ってことで、

新しいバーが作成されるタイミングで自動的にチャート画像を保存するインジケーターを作成しました!

「SEI_PrintTime」

 

「保存されるファイル名:通貨名時間足_YYYYMMDD_HHMMSS.gif」

設定項目は2つ!

設定項目

・画像のサイズX
・画像のサイズY

保存したい画像のサイズの設定です。
この数字で設定した画像サイズで保存されますので、
チャートとして表示してなくても、このサイズで保存されます。

ファイルの保存先

保存されたファイルは以下の場所に作成されます。

“ターミナルディレクトリ\MQL4\Files”

ターミナルディレクトリってのは、

を押して出てくるフォルダの事です。

表示されていない範囲も画像として保存可能!!

チャートをたくさん開いていて、全体が見えない状態って結構ありますよね?
この状態で、右下のGBPJPYの「画像保存」ボタンを押します。

すると↓のように、指定したサイズの画像がちゃんと保存されるんです!!

SEI_PrintTimeの無料ダウンロード

このインジケーターも無料でプレゼント致します!
その時点でのチャートをすべて残す事が出来るので
過去検証の精度があがりますよ!!

このインジケーターも期間限定で無料プレゼントしちゃいます!
いつまで無料でプレゼントするかは未定なので、
今のうちに以下のリンク先からダウンロードしてくださいね。

インジケーターのダウンロード方法

提供するインジケーターには責任を持ちたい!
これが私の考えです。
インジケーターはご意見を元にバージョンアップしています。
その情報をお伝えする為にも、Lineの友達追加をお願いしています。

登録して頂いたら、インジケーター置き場のパスワードをお送りいたします。
よろしくお願い致します。

↓Lineの友達追加は以下のボタンから出来ますので、押して下さい。↓

友だち追加

↓また、QRコードでの登録も可能です↓